外国為替証拠金取引(FX)のパターンには取引所取引というものがございます。

FX(外国為替証拠金取引)業者と商業取引をする行為を「店頭取引」と呼ぶのですがこの取引は取引所を通過させないで売買のパートナーは外為取引(FX)企業になります。

「取引所取引」という取引所はFX業者はあくまで仲だちであるので、率直のビジネスペアは取引所になります。

その違いをここで少し比べてみます。

「店頭取引」の際は預金しておる資金は外国為替証拠金取引(FX)会社に束ねされています。

片や「取引所取引」の時、資金は全金額取引所に預託しなければいけないと決められているのです。

そういった事でもしかしてFX(外国為替証拠金取引)業者が破産するという事柄があったとしても、後者は、取引所によって資金は全金額ガードされているということになるのです。

店頭取引の場面はFX企業が調節しているから、業況によっては会社経営の行き詰まりのあおりに見舞われて預けていた証拠金は擁護されずなのです。

加えて税金面でも両者に関しては内容に違いが見受けられます。

「店頭取引」では、変動利益やスワップ利息などを雑所得として賃金と加算して届出をしないといけません。

ものの確定申告しないで良いケースもあるらしいので、おのれに当てはまるのかしないのかしっかりと検討をお願いします。

もしも貴方がビジネスマンで収入二千万円以下、給与の所得の範囲を超えた収益が二十万円以下(2社以上の企業から賃金所得はないこと)という内容を満たしているなら特別のケースという事で確定申告は不要になります。

FX(外国為替証拠金取引)もうけが二十万円以上ケースは確定申告しなければいけません。

税の割合は手取りに従い5〜40%の6段階に区分されていて、収入が高いのなら税も高騰します。

「取引所取引」では、利益があるのならば他の稼ぎとは分けておいて「申告分離課税」のターゲットとなってしまいます。

税率はすべて20%となるのですが万一欠損が定まったのであるならば「取引所取引」の得策として損失分を翌年以降に繰越という事が可能です。

上記から読んでも、「取引所取引」の方がより低い税率になるときもあるので照らし合わせて研究していった方が良いでしょう。

未経験者のケースは、株価の動きや円の状況にいつも注目して、利潤や損分にスリル満点のあまり、税金についてのことを忘れ易くなることもあるので注意しましょう。

損金は困るけれども、手取りが多くなれば税金に関しても高くなるので注目と認識がポイントでしょう。