月刊誌の宣伝、タブロイド紙、電信柱に見かける宣伝広告やダイレクトメールなどで、「借金の片付けいたします」「借金をまとめたくありませんか」というような惹句を閲覧することが多いです。

こういったものは、「整頓業者」「買取業者」「つなぎ屋」という通称の会社のおとり広告の場合も存在します。

それらを利用した場合には破産の中で最重要な免責認定を得られない恐れがあります。

「整理業者」というのは広告などで借金のある人を集め料金を要求して債務整理を行うのですが、実際は整頓は行われないで、依頼者はさらなる借金スパイラルに陥る場合が大方になります。

「買取専門屋」の場合負債者のローンでデジタル用品、新幹線の利用チケットをたくさん購入させ、債務人からこれらの商品を買った値段の1割ー半値で引き取るという方法です。

一時的には金がもらえますが、カード企業経由の品物の売値の返済請求がきて、実際のところ負債額を上乗せする結末で終わります。

クレジットカード業者に対して詐欺ということで免責承認を手に入れられません。

「つなぎ業者」は、著名なサラ金から断られるようになった債務者へダイレクトな資金提供はせずに、資金提供を可能な関係無い業者を教えて、サービス料を請求する業種です。

紹介人は自分の手引きで融通してもらえたかにしゃべりますが、実際には特に何もせずただ単に選考の通りやすい業者を説明しているというだけです。

このときも実際は借金を増大させる結末となります。