自動車の損害保険には、読者の方ももうご存知かと思われますが、等級という名で知られる指標があるのです。75-12-130

省略せずに言うとノンフリート等級別料率制度と呼ばれ、保険の料金に大きく関わっています。75-10-130

等級によって、自動車の保険の被保険者の公平性を担保することが一番の目的としているためトラブルを発生させる可能性や、自動車保険を使用する見込みがより大きければ大きいと見込まれるほど月額の掛金が高くなります。75-18-130

反対に交通事故を起こす確度が低く車の損害保険を利用すると考えにくい加入者に関しては、優秀な運転者であるだろうと認められ月々の掛金が値下げされます。75-19-130

安全に運転している加入者の方のほうがより有利な制度には違いないので、トラブルを発生させてしまいやすい運転手には不利な枠組みであるといえるでしょう。75-5-130

良い保険利用者と事故のリスクが大きい加入者の掛金が同額だと割高な金額を払わされていると考える人が多いですし、保険を取り扱う会社側からしても支払額を減らすために必須のシステムだと考えられるのです。75-20-130

さて、等級とは具体的に一体どのようなシステムなのか簡単に概説します。75-15-130

はじめに、等級には1等級?20等級まで設定されており数が上がる毎に保険料金が安価になる制度になっているのです。75-13-130

続いて、1等級?3等級に関しては引き下げられず、逆に保険料は値段が上がり自動車事故を発生させてしまい自動車損害保険を適用してしまうと三等級低くなってしまい、負担が増加した車の保険を振り込んでいくことになることを避けられません。75-9-130

最後に、新規で自動車損害保険に申請する時は六等級からのスタートになりその時から自分の数字が低くなっていくのか高くなっていくのかはドライバーの今後次第です。75-8-130

ですから、保険の料金を安価にしたい被保険者はトラブルを防ぐために余裕を持った運転に努力するのがまずは最も効率的です。



  • 75-7-130
  • 75-11-130
  • 75-14-130
  • 75-4-130
  • 75-6-130
  • 75-16-130 75-17-130